管理業務主任者とは?

管理業務主任者の業務内容

管理業務主任者は、マンションの管理の適正化の推進に関する法律制定にともないマンションの委託契約に関する重要事項や管理事務の報告を行うために設けられた国家資格です。
つまり、マンション管理業を行う専門家ということになります。

管理業務主任者は、基本的にマンション管理会社に勤務して、マンション管理組合から委託された、マンション管理を行なうことになります。
主な業務内容は以下のようになります。

  • 委託契約に関する重要事項の説明および重要事項説明書への記名押印
  • 管理委託契約書への記名押印
  • 管理事務の報告など

これらの仕事は、管理業務主任者の独占業務で、有資格者でなければ行ないえません。
また、各事務所に30組合に1人以上の管理業務主任者を配置しなければいけない決まりもあります。

イメージとしては、マンション管理の宅建バージョンだと思って頂ければ良いと思います。
宅建も不動産の仲介業を行う上での必須資格となっていて、有資格者がいなければ、仕事をすることすら出来ません。
様々な条件はあるものの、マンション管理を行なうためには、管理業務主任者の資格は必要不可欠といっても良いでしょう!

次に多くの方が知りたがる管理業務主任者とマンション管理士の違いについてですが、簡単に言えば、管理業務主任者はマンション管理会社側で、マンション管理士は、マンション管理組合側と覚えておけばよいでしょう!

もちろん、マンション管理を適切に行うという目的は一緒です。
しかし、利害関係が違うので、対立するというイメージも強いようです。

例えば、マンション管理士は出来るだけ管理費を抑えるための提案をしていきますし、管理業務主任者は管理費を上げて、もしくは今の管理費を維持しながら、良質なサービスを提供しようと思います。

どちらが良いというわけではありませんが、マンション管理士の方がより顧客の立場に立って、モノを考える側になります。
ですが、どちらが必要かといわれれば管理業務主任者です。

やはりいくら顧客の立場に立つとはいえ、実際にマンション管理を行なうのはマンション管理会社の管理業務主任者です。
どちらの資格にもデメリットとメリットがあると覚えておいて下さい。

続き⇒管理業務主任者の魅力