管理業務主任者の勉強法を理解しよう!

レベルにあった勉強

管理業務主任者に合格するためには、どのような勉強をしていくのか、このページで基本を学んで下さい。
勉強をしていく上で大切なことは多々あります。

復習、問題演習、基礎取得など、どの勉強もかかすことは出来ません。
しかし、管理業務主任者に合格するという事を考えれば一番重要なのは、レベルにあった勉強をするということなのです。
ここを意識している人が意外と少ないと感じます。

試験勉強をしていて最も失敗するケースが挫折することです。
何故挫折するのかというと、勉強が難しくてわからなくなるからなのです。

極端に勉強が苦手という人は別としても、大体の人は問題が解ければ面白いですし、わからないことが、わかるようになったらモチベーションが上がります。
対して、勉強がわからなければやる気が起きなくなり、やる気が起きなければ勉強すること自体苦痛になります。

では、勉強がわかるようなるにはどうしたら良いのかということになりますが、それが自分のレベルにあった勉強をするということです。
もっと言えば、易しい問題から解いていき、徐々にレベルアップさせていくと言うことです。

効率と理解度を見る

よく、管理業務主任者の勉強をしていて、いきなり過去問から解こうとする人がいます。
確かにその方法だと、出題範囲を絞って勉強するということになるので、効率が良いかもしれません。
しかし、いくら効率が良くても問題が解ければ意味はありませんし、問題を解く醍醐味を味わえなければ勉強そのものが楽しくなります。

つまり、挫折の原因を作ってしまうのです。
ですから、自分のレベルに合った勉強が必要になります。
そう考えれば、皆さんが行なう勉強は以下のようなカリキュラムがベストです。

基礎知識を理解する(基礎固め)→過去問演習(応用)→模擬試験(仕上げ)
具体的な勉強法は、次のページから解説していきますので、まずはこの流れを把握して下さい。
この3つの流れこそが効果的な勉強法と言えるでしょう!

続き⇒基礎知識を理解